モテボディの作り方 3つのポイント

モテボディの作り方は?

夏が近づくにつれ、心配なことってありませんか?

 

冬の間は服に隠れていた体形が、薄着になったらあらわになってしまいます。

 

今年の夏こそモテボディになって、みんなを振り向かせたいと思いませんか?

 

モテボディになれば海もプールも怖くありません。今までより堂々と水着で歩くことができるかもしれません。

 

Tシャツだってかっこよく着こなせて友達に差をつけることも可能です。今までできなかったファッションにも今年はチャレンジしてみてください。

 

では、モテボディのつくりかたをお教えいたしますね。

 

朝食をとりましょう

忙しかったりダイエットのために朝食を抜いてしまう人もいるかもしれません。ですがそれはモテボディ作りには逆効果なのです。

 

朝食は眠っていた体を起こす大切なスイッチです。朝から食欲がわかないという方は、野菜たっぷりのスープを飲んでみてはいかがでしょうか?

 

体も温まりますし、健康にもいいですよ。美容にきを使っている方はフルーツにヨーグルト、シリアルが手軽でいいですね。

 

運動してみましょう

やみくもに運動してみるといっても、今まで習慣の無かったかたには難しいかもしれません。そこで効率のいいやり方をお教えしましょう。

 

結果が早く出ればモチベーションも上がり、運動が好きになるかもしれません。それがモテボディにつながるいい循環になればいいですね。

 

まず運動する時間なのですが、朝食後がいいようです。食後は脂肪が燃えやすくなっています。

 

また、夜は「交感神経」というのが活発になり、脂肪が燃えやすいのですが、夜に運動するというのは難しいですよね?

 

ですので目が覚めて食事をとった20分ぐらい後、というのが一番ベストな時間なのです。

 

そう考えると夏休みのラジオ体操なんかはモテボディ作りにぴったりの運動だったといえますね。大人になってラジオ体操から離れた方も、手軽なのでまた初めてみてはいかがでしょうか。

 

ウォーキングやジョギングもおすすめです。

 

朝の空気の中で汗を流すのは気持ちいいですし、一日中体が動きやすくなりますよ。朝ならあまり日差しが強く無いので、紫外線を気にする女性の方にもおすすめです。
ウォーキングシューズなどにこだわるとまた楽しくなるかもしれませんね。

 

ただ気をつけていただきたいのは、空腹時に運動をしないということです。空腹時にさらにカロリーを消費するのは一見ダイエット効果が高そうですが、全く逆効果なのです。
空腹時に運動した反動で食べ過ぎてしまうので、食事をして少し休んだ頃がベストな時間です。

 

もしも朝が弱くて朝食後に運動するのが難しいという方は空腹時以外のお好きな時間でも大丈夫です。その日の天候でウォーキングしたりスクワットをしたり、毎日続けることを考えて自分に合った運動を取り入れましょう。

 

モテボディ作りの敵は食べ過ぎと、運動に飽きることです。飽きそうになったら色々な情報を仕入れて、いくつかの運動を取り入れてみてください。
続けることがモテボディ作りに一番大切なのです。

 

筋肉をつけてみましょう

筋肉をつけるといってもムキムキを目指さなくてもよいのです。今よりほんの少し筋肉をつけて代謝を上げてみましょう。
代謝が上がると痩せやすくなるので、今日から簡単な筋トレを初めてみませんか?

 

簡単にできるものといえばやはり腹筋と腕立て伏せですね。筋肉がつけば、いつも着ている服をもっとお洒落に見せることも可能になるかもしれません。

 

生活の中にも筋トレを取り入れて、普段からお腹をへこませてみたり、椅子に座ったまま足を持ちあげたりしてみてください。毎日の小さな積み重ねがモテボディに導いてくれます。

 

新しい服を買うよりもまず筋肉を身につける。モテボディになれば鏡の中の自分がモデルさんに見えるかもしれないですよ。

 

まとめ

モテボディのつくりかたといっても、とくに特殊なことはありません。睡眠と食事をしっかりとって、朝に運動し、普段の生活の中に筋トレを入れる、これだけです。

 

注意すべきことは食べ過ぎと、空腹時の運動です。モテボディができる原理はとてもシンプルでわかりやすいですね。

 

いつもの生活をほんの少し変えてみれば、この夏こそモテボディになれるかもしれません。

関連ページ

筋肉をつけるのにいい食べ物とはコレ!
筋肉をつけるのにいい食べ物をご紹介
HMBには副作用があるのか
HMBには副作用があるのでしょうか?
ジムに行けない時の筋トレ方法はこれがおすすめ
ジムに行けない時のおすすめの筋トレ方法をご紹介
筋肉痛になる原因は?
筋肉痛になる原因を取り上げます。筋肉痛で悩んでいる方はチェックしてください。