筋肉痛になる原因は?

筋肉痛になる原因はこれなんです

子供のころはあまりならなかった筋肉痛ですが、何故なるのでしょうか?

 

久しぶりに体を動かすと、翌日体のあちこちが痛んで動きにくくなりますね。

 

筋肉痛になる原因はなんなのでしょうか?

 

筋肉痛のために生活に支障がでることもあるので、できれば対処したいものですよね。筋肉痛の原因さえわかれば、筋肉痛が防げるかもしれませんし、回復もはやくなるかもしれないですね。

 

では、なぜ筋肉痛になるのか、その原因についてお話ししますね。

 

筋肉痛になる原因

筋肉痛になる原因として色々調べた結果、とくにこれといった原因はないそうです。

 

現時点で考えられているのは、激しい運動で筋線維が傷つき、筋線維を修復する途中で起きた炎症によりまた刺激物質が生まれ、それが筋膜を刺激しているというものです。

 

筋線維じたいは痛みを感じないのですが、その周りに炎症が広がることで痛むようです。

 

また、筋肉が激しく損傷すると一度分解されるのでその痛みだとも言われています。
筋肉は激しく伸ばす時に特に損傷しやすいので、階段や坂道を下りる時、荷物を運ぶ時など注意して作業してください。

 

そして激しく筋肉を使うと筋肉の中に疲労物質がたまってきます。
このたまった疲労物質が痛みを促すと言われており、運動直後の筋肉痛はたまった疲労物質が原因だとも言われています。

 

このように、筋肉痛になる原因はいくつか考えられるのですが、医学的にも決めては無いのが現状です。

 

筋肉痛に時間差のある理由

運動をした翌日にくる筋肉痛と2日後にくる筋肉痛。何故2種類あるのか不思議ではないですか?

 

実は筋肉痛じたいが2種類あるのです。

 

それは筋肉を使いすぎて起こってしまう「筋疲労」と、筋線維が損傷するまで筋肉を酷使してしまったために起こる「筋損傷」です。

 

筋疲労は筋肉じたいが疲れてしまうので比較的運動直後に起きる筋肉痛です。痛みがあり体が動きにくくはなりますが、軽いものなので比較的早く治りやすいです。

 

筋損傷は筋線維の損傷です。筋線維は痛みを感じないので、筋線維が損傷するとその周りに炎症が広がったことで痛みが起きます。

 

なので炎症が広がるまでの時間はあまり痛みを感じないのです。痛みが広がるまで数日かかることがあるので、筋肉痛に時間差があるのですね。

 

しかし痛みが出るまで時間がかかるということは、その間に知らず知らず悪化している可能性があります。
3日以上痛みが続くようでしたら病院で診てもらった方がいいと思います。

 

筋肉痛になってしまったら

筋肉痛になる原因が医学的に解明されていないのなら、防ぐことも不可能なのでしょうか?
体を激しく動かさず、筋肉を伸ばさないようにすれば多少は防げるようですが日常生活を送るうえであまり動きに気を使えませんよね。

 

もしも筋肉痛になってしまったら早めにケアしましょう。

 

まずは冷やして炎症を鎮め、次に温めます。先に温めてしまうと炎症により熱を持った部分がますます悪化してしまうので注意しましょう。冷やした後に温めるという作業が大切なのです。

 

また、激しい運動をしたらとりあえずシャワーをあびるのもいいですね。リラックス効果もありますし、体全体を適度に冷やしてくれます。

 

そしてストレッチやマッサージをして血行をよくしてあげましょう。筋肉痛は筋肉が相当疲労している状態です。

 

疲労してしまうと凝り固まってしまうのですが、ほぐしてあげないとますます血行が悪くなり凝ってしまうという悪循環が起こります。筋肉にも休息を与えてあげるのが大切なのです。

 

まとめ

筋肉痛になる原因ははっきりしていませんが、筋肉を酷使しないというのが大切なようですね。普段運動している人はなりにくいとのことなので、運動不足の人はこまめに体を動かすことを心がけてみましょう。

 

筋肉痛は軽く考えがちですが、体の中が痛むということはあまりよくありません。適度に体をほぐしてリラックスして、心地よい毎日を過ごしましょう。

関連ページ

筋肉をつけるのにいい食べ物とはコレ!
筋肉をつけるのにいい食べ物をご紹介
HMBには副作用があるのか
HMBには副作用があるのでしょうか?
ジムに行けない時の筋トレ方法はこれがおすすめ
ジムに行けない時のおすすめの筋トレ方法をご紹介
モテボディの作り方 3つのポイント
モテボディの作り方を取り上げます。モテボディの作りたい方はぜひ読んでみてください。