キレマッスルに含まれるクレアチンとは?

キレマッスルに含まれるクレアチンとは何か?

キレマッスルには、どのような成分が入っているのでしょう。そして、それぞれどのような働きをするのでしょうか?

 

コラーゲンペプチドは、お肌にいいといわれています。L-シトルリンは、血流にいいといわれています。L-グルタミンは、筋肉の維持に効果があるといわれています。
HMBカルシウムやL-ロイシン、L-イソロイシンは、筋力サポートにいいといわれています。L-アルギニンは、肉体のビルドアップを手助けしてくれるといわれています。L-オルニチン塩酸塩は、疲労回復などに効果があるといわれています。

 

ここまでの8種類は、公式ページにも大きく書かれていますよね。でもそれ以外にだって、体にいい成分がたっぷり入っているんですよ!成分と代表的な効果を、記載していきますね。

 

まずエラスチンは血管や靭帯に効果があるといわれています。弾力があって、柔軟になるようですよ。
さらにL-カルニチンやL-酒石塩酸は余分な脂肪をエネルギーへ変えてくれますし、L-バリンは筋肉強化に効果があるといわれていますし、タウリンは栄養ドリンクでおなじみのあれです。疲労が取れて、元気になりますよね。

 

さらにヒアルロン酸は関節を滑らかに動かす効果が期待できますし、パントテン酸は代謝を助けてくれるといわれているんですよ。
他にも紹介したい成分はたくさんあります。キレマッスルにはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、葉酸、二酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウム、HPC、還元パラチノース、でん粉、鶏肉抽出物、クレアチンなどが入っています。

 

クレアチンとは?

クレアチンとはどのような成分なのでしょうか?今まで肉体改造に興味のなかった人にとっては、あまり聞きなれない成分ですよね。詳しく見てみましょう。

 

クレアチンというのは生体内に存在する、有機酸の1種です。体内でも生成されるのですが少しずつしか作られませんので、もどかしい場合はサプリメントで補給することもできます。

 

私たちはエネルギーとしていくつかの栄養を使いますが、そのときに使うのがクレアチリン酸というものです。クレアチンは、体内でクレアチリン酸に変換されるんです。
でもエネルギーってすぐに使ったり使わなかったりしますから、使わないクレアチンもありますよね。大丈夫です、使われなかったクレアチンは筋肉に貯蔵されます。

 

クレアチンは体内で生成されたものや、サプリメントで摂取したものを特に区別しないで筋肉に存在します。そして筋肉内の水分量を増やし、筋肉の増加に効果があるとも言われているんです。そのため、摂取すると体重が増えたり、尿が増える場合もあるようです。

 

また、腸内の浸透圧が高まるといった傾向もあるので、クレアチンを摂ったら下痢になりやすいという人もいるようです。そうなるとクレアチンを十分に摂取できなくなります。

 

クレアチンの効果とは?

前項でも触れましたが、端的に書いたほうが伝わりますよね。

 

クレアチンは筋肉の増加や、筋肉を太くするという効果が期待できます。また、筋肉の瞬発力や筋持久力の向上にも効果があるといわれていて、アスリートにも最適なんですよ。

 

さらに筋肉への効果だけではなく、脳にもいいんです。神経細胞のエネルギーもスムーズに代謝しますので、脳や精神の疲労にもいいといわれているんです。

 

こんな素晴らしい成分が入ったキレマッスルが、今だけ特別価格です。あなたも試してみてはいかがでしょうか?

 

>>キレマッスルの公式サイトはコチラ

関連ページ

キレマッスルのおすすめの使い方
キレマッスルのおすすめの使い方はどうすればいい?
キレマッスルを飲むと太るという話の真相
キレマッスルを飲むと太るの?真相は?
キレマッスルにはダイエット成分もある?
キレマッスルにはダイエット成分あるのか調べてみた。